最新情報(スタッフブログ)

小正月(こしょうがつ)って何するの?

お正月気分もそろそろ抜けきりましたよね?
鏡開きも終わって、お供えしていた鏡餅を
みなさんも、ぜんざいや焼餅にして食べた方が多い
のではないでしょうか(^O^)

今日は1月15日
暦の上では小正月こしょうがつともいわれていますね

旧暦の正月を大正月というのに対して、1月15日を小正月
といったそうです

旧暦では新月の日を毎月1日として
15日が満月
そして次の新月までを1ヵ月とされていたそうです
ですから小正月の1月15日は満月にあたりますよね

昔の日本人は満月は特別の力がある
中国式の暦が導入される前は
1年で初めて満月を迎える日だから元日
としていたと考えられていて
その名残が小正月の起源ではないかと考えられているそうです

新暦が採用されてからは
正月は元日から松の内(お正月飾りを飾っておく期間)まで
大正月おおしょうがつ
1月15日を小正月と呼ぶようになったそうですよ

 

小正月といえば、お正月の間に忙しく家事をしていた女性をねぎらう日だよって聞いたことある方もいるのではないでしょうか?
女正月おんなしょうがつ ともいわれているのだとかー

たしかに自分が子供の頃の母親を思い出しても
お正月だからって全くのんびり過ごせていなかったですね(^^;)
少しは手伝ってあげれば良かったと今じゃ後悔ばかりです・・

 

ところで小正月って何かする日なの??

大正月は年神様やご先祖様をお迎えしますが
小正月は農業に関する行事が多いようです

豊作祈願として餅花もちばなという紅白の餅を柳の木に飾り付けて稲穂に見立てて飾ったり

吉凶占いとして神社の神事でお粥をたいてその年の豊作を占ったり

悪霊払いとして正月飾りや書初めなどを燃やす火祭り
煙にのって年神様が天上へ帰っていかれるのだそうですよ
私が子どもの頃は無病息災だけお願いしときなさい!
って言われてましたけどね笑
私の実家の地域では、とんどやきと言ってましたが色々呼び名はあるようですね

 

 

また、小正月には小豆粥を食べる習慣もあるようですが
みなさんのご自宅は食べられますか?
私の実家では食べていなかったのですが、地域性なのでしょうね

小豆の朱色が邪気を払うということで無病息災を祈願していたんですね

小豆にはビタミンB1が多いそうなので、お餅やお粥といったデンプン質のものを消化よくさせるのにピッタリなのだそう♪

食べすぎには気をつけないといけませんが、ちょっと安心させてくれる情報ですよね?笑

機会があれば、今日は小豆粥を食べてみてはいかがですか(*^^*)

The following two tabs change content below.
日々、予祝マーケッター(伊藤匠)の言葉の分析&解析をし、編集・校正・校閲面からお客様の価値を発見!夢を叶える応援をしています。誤字・脱字・内容の正確性といったことだけでなない、お客様の倖せへとつながるツールを心がけています。

pagetop

Copyright © Undine Noah All Rights Reserved.