最新情報(スタッフブログ)

ファーストコンタクトから自己開示で!!

こんにちは~ (^^♪ 
社長のたくちゃん( 匠 )です。 

なんばオフィスの時に
月一のペースで、保険の営業マンの方が
営業のあいさつに来られてました(笑)

なんばオフィスに移転したばかりの頃は
僕も話しを聞いたりしていたのですが
いつしか話しを聞いていても、イベントや業種交流会の話し
ばかりなのでお話しを聞くのが、手間になり出なくなりました。

その時感じたことがあって
保険と言えば、大きなお金が動くのに
あなたのこと全く知らないのに、買うわけないでしょう(笑)
お話ししたことがあります。

話しは、最終的には、いつも保険サービスの売り込みでした。
ある時、ふと思って保険の営業マンの方に
チラッとお話ししたことがあります。

第一印象が大切と言われるように、いつまでも初体面の印象は残るものです。

ある保険の営業マンの方に
「あなたの他に、こうやって訪ねてこられる営業マンの方が、他に3人いるんだけど、違いを感じないけど、どこが違うの?

そんな質問をすると・・・
保険サービスの他社との違いとか?
僕におススメの保険とか? 
ここぞとばかり、五月雨式にまくし立てて説明された

とりあえず自分の営業のセールストークの勉強にもなると思い
お話しを聞いた(笑)相槌を打つとどんどん調子よく、サービスの説明をされる。

お話しがクロージングされてから・・・

「いかがですか?」

って言われた。僕の感じたことを素直にお話しさせていただいた。

「他の保険会社のサービスと大きな差はないんじゃないかな?」

「保険って大きなお金を使う。
そんな商品なのに誰かの紹介とか?あなたがどんな人か?
わからなければ、お金は使わない」

「会社の看板だけでは買わない」!!

特に保険の商品って、安心を買う商品なのに
毎月、アポもなくいきなり飛び込んでこられて、
杓子定規なトークを聞いて、いかがですか? と聞かれたら・・・

「今のところいらないって言うしかないねぇ」~ (笑)
と伝えた。

ひとつだけお伝えするとということで・・・

「人って、モノを売り込まれるのは嫌いなのです」

「だってわからないことにお金使いたくないじゃん」
「何度も足を運べば、関係性が出来て買ってもらえるんじゃないか?」

そんな話しをして
同じような保険営業マンがいる中で・・・

一番初め、名刺交換した時に、

あなたがどんな人なのか?
自己開示することが他の人と差別化することになって大切!!

って伝えてあげた。(笑)

お店でも同じような規模と品揃えで
繁盛しているお店とまったく売れていないお店がある
繁盛しているお店は、お客様にお店の価値が伝わっているから
指示されるけど

まったく繁盛していないお店は、価格安くして
集客するしかない。

でも他にも同じようなお店があるので、価格競争になると
お互いの利益の圧縮になってしまうスパイラルにはまる

保険の営業マンも同じで
第一印象でお客様にアピールしないと、次のステップにつながらない。そのためにはプロだから考えてねー!!

と伝えて、オフィスを移転した。
やはり第一印象は大きいので、名刺交換プラスα 自己開示で考えた方がいい(笑)

The following two tabs change content below.

売り切る売場仕掛人 伊藤匠 (たくちゃん)

大阪の枚方市のデザイン会社社長。 お店に勤めていた頃、商品消化率No.1!! 売り切ることにこだわって仕入れたモノは、金に替える主義。 集客ツール、集客企画制作立案。 売り切る経験生かして名刺などのデザインのテーマも「売り切る」。 価値を発見・創造して、未来の扉を開く、お手伝いをします。

pagetop

Copyright © Undine Noah All Rights Reserved.