最新情報(スタッフブログ)

お届けするモノは商品ではなく、作品なのです!!

こんにちは~ (^^♪ 
社長のたくちゃん( 匠 )です。

先日テレビをボヤッと見ていたら
とてもいい話しを取り上げていました。

それは、けっこう流行っているラーメン屋の話しでした。
スタッフがお客様からトッピングを依頼されて
生卵を乗せるのを忘れていることをお客様から指摘されました。

そのスタッフは、ハタと気づいて
卵を取り出して、お客様のラーメンの中に
お客様の目の前で卵を割って、ポチャっと入れたのです。

スタッフの方は、あわてていたこともあって
「申し訳ありません」とお客様に謝ることもなく
お客様にラーメンを進めました。

それを見ていた店長の姿
その後、取った行動がステキでした。

社長は、こうでなきゃと感じた行動ちゅうでした!!

どんな商品、サービスでも当社では、お届けするモノは、大切な作品だと思って届けています。

店長は、そのラーメンを食べようとしたお客様に

「申し訳ありません。
このラーメンは、お客様にお出しするような商品ではないので、一度下げさせて下さい」

と告げて、ラーメンを引いてしまいました。
再現ドラマと言いながらも、店長の姿を見て
このような行動を取れる店長は、素晴らしいと感じました。

このスタッフは、この間、心臓バクバクだったでしょうね。

店長は、他のスタッフもいる厨房に入るなり

「お客様にお出しするラーメンに、お客様の目の前で卵を割って入れたやつがいる。こいつは、お客様にラーメンを出せばいいと思っている」

「お客様にお届けするのは、たかがラーメンではなく、魂を込めた作品なんだ」

この言葉、再現ドラマなので誇張されていると感じましたが
「すばらしいーー!!」
と感じました。

当社がお届けする名刺、チラシ、リーフレットなども同じで
お客様から言われたことだけを
デザインに具現化してお届けするのではなく

デザイナーとして
依頼されたお客様のことをまずイメージして

・色使い
・レイアウト
・フォントの種類
・キャッチコピー

を考えていく。

お客様のことをイメージして、デザイン制作を進めていかないと
ただ依頼されたモノをお届けするだけで
コモディティ環境から抜け出せないのです。

デザインができなければ
価格競争の中でやっていくしかない

だからデザイナーといっしょに
お客様の価値が伝わるように考えて

お客様に胸をはって出せるもの
小さなことまで魂を入れてデザインした作品

を今後もお届けしていきたい。

ラーメンの再現ドラマを見て
ラーメンでここまでこだわるなら
当社がお届けするツールはもっとこだわってお届けしていきたいと感じました(笑)

The following two tabs change content below.

売り切る売場仕掛人 伊藤匠 (たくちゃん)

大阪の枚方市のデザイン会社社長。 お店に勤めていた頃、商品消化率No.1!! 売り切ることにこだわって仕入れたモノは、金に替える主義。 集客ツール、集客企画制作立案。 売り切る経験生かして名刺などのデザインのテーマも「売り切る」。 価値を発見・創造して、未来の扉を開く、お手伝いをします。

pagetop

Copyright © Undine Noah All Rights Reserved.