最新情報(スタッフブログ)

まんが描き方動画でーす(第3回 集中線の効果・描き方 )

こんにちは~ (^^♪
社長のたくちゃん( 匠 )です。

今回で第三回目!!
クリップスタジオペイントを使って、

第三回 「集中線を効果的に使って、表現の幅を広げる」

ことをお届けします (^^)

集中線って、まんがを描いている方は、よくご存じだと思います。よく使われる技法で、名前の通りクローズアップしたいものが、中心になるように、無数の線を集中させて描かれたモノです。

クローズアップしたいモノに、視点を集中するようにしたり、迫力をもたせる効果があるんです。

たとえば、ピンチの時に現れた主人公をクローズアップしたり、推理まんがの犯人判明の場面を思い描いて下さい。
犯人に向って、無数の線が描かれています。
そんな線を「集中線」って言います。

動画では、キャンパスの中心に

「あ!」

と描かれたモノが、集中線を加えることで、見ている方の視点が集まり、迫力が増してくるまんがになっちゃたりするのです。

クリップスタジオペイントには、集中線を描く

「集中線ツール」

があります。集中線の描き方は、動画で紹介していますが、描きたい中心をドラッグしながら動かしていくことで、円が出来て行って、その円に沿って、集中線を描くことができます。

「集中線ツール」は、線の太さ、間隔などを細かく設定することが可能で、自分の思った通りの集中線を描くことができます。
調整は、実際に触ってもらって間隔をつかむことが可能です。
動画でもお伝えしているように、線が太くなり過ぎたり、間隔が空き過ぎたりすることもあるので注意でーす(笑)

動画の最後では、実際のひとコマまんがに集中線を描くことで「やるぞ!」という言葉に迫力を増すことができます。

このように集中線を有効的に活用するコトで、まんがに迫力をつけたり、視点を集中させたりして、より表現の幅を広げて、楽しんで下さい。

もし質問があれば、会社ホームページの「お問い合わせ」から連絡をいただければと思います。

次回は、今回の動画でも少し触れている「選択ツール」についてお伝えします。こうご期待ーー!!

The following two tabs change content below.

売り切る売場仕掛人 伊藤匠 (たくちゃん)

大阪なんばで、名刺、チラシ・POPのデザインを制作してお届けしています。昔からマンガや絵を描くことが大好き !! 僕のお届けするモノの共通点は『 つながる 』ということ。 毎日『 つながり 』を大切にして楽しんでます。

最新記事 by 売り切る売場仕掛人 伊藤匠 (たくちゃん) (全て見る)

pagetop

Copyright © Undine Noah All Rights Reserved.