最新情報(スタッフブログ)

好きなデザイナーのハナシ

0824001

こんにちは、依田です。

 

今日は、私の好きなデザイナーを紹介します。

 

私は本屋巡りをするのが好きなので
世の中の数あるデザイン物の中でも
一番目にしているのはブックデザインだと思います。
そこで、今日はブックデザイナー中心のお話になります。

 

ブックデザイナーの魅力とは
みなさんは本を選ぶ時の基準って何ですか?
「作者が好きだから」
「表紙に惹かれて衝動買い」
「友人にすすめられたから」
「ベストセラーだから」などなど・・・

 

色々な理由があると思いますが、
「好きな出版社が出しているから」
という人も、少なからずいるのではないでしょうか。

 

「この出版社の出している本はいつもおもしろいから」
といった「ごひいきさん」系から、
「○○に関する本は、この出版社が強い」
といった経験則まで。

 

私も「ごひいき」にしている出版社がいくつかありますが、
「デザイン」という視点から見た時に、
一番好きな出版社が、「工作舎」です。

 

logo

【工作舎】
1971年に松岡正剛が創業。
1971年代~1982年に刊行されていた雑誌『遊』は、
従来の教養を否定する「オルタネィティブな知」を提唱し、
当時の若者たちに大きな影響を与えた。
(はてなキーワードから抜粋)

ジャンルとしては、自然科学・人文科学・文学・芸術などの書籍を刊行しています。

 

数年前までは、出版社がどこだとかいう意識は全くなく、
「読みたいテーマ」「欲しい情報」「好きな作者」といった
具体的な理由で本を買っていました。

 

ある日、ふと自宅の本棚を見ると、
「工作舎の本がたくさんあるな・・」ということに気づきました。

 

書店でなんとなく「これ面白そう」と手に取ると
結構な確率で、工作舎の出している本だったりもしました。

 

そこから、工作舎という出版社のことが気になりはじめ、
工作舎で本をつくっている「人」に関心をもつようになりました。

 

工作舎さんが出している本は、ほとんどどれも、
一目見て「工作舎」とわかる、独特のブックデザインなのです。

0824002
↑工作舎の本。

文字の詰め方とか・・神経質なレイアウトとか・・とっても特長的です。
何となく伝わりますか!?

 

そしてそれは、工作舎創業からブックデザインに携わっていた、
杉浦康平さんというデザイナーの力が大きく影響しています。

 

杉浦康平さんは、広告というよりは、
芸術、哲学などの文化活動のデザインをメインとしており、
日本を代表するデザイナーの1人です。

0824003

↑杉浦康平さんのブックデザイン。右下のみポスターです。

 

002

1964年東京オリンピックの、シンボルマークの指名コンペデザイナーの1人でもあります。
中央の黒丸にTの字と五輪をあしらったものが杉浦さんのデザインです。
(2020年東京オリンピックのエンブレムは・・お騒がせ中ですね・・)

 

フォントの組み方、図の選び方、レイアウト・・
どれをとってもアクの強いデザイン手法で
「読みやすさ」「万人受け」からは遠いと言えるかもしれません。

 

なのに、見る人を引きつけるパワーで溢れています。
2次元の紙の上なのに、紙のサイズ以上の広がり、奥行きが見えるような・・
うまく説明できませんが、
デザインだけで、本を買いたくなる魅力があります。

 

杉浦さんのデザインがこれだけの気迫・パワーをもっている理由は、
デザインに対する自分の哲学が1mmの隙もなく確立されており、
表現のためにかけている情熱がものすごいからではないでしょうか。

 

そんな杉浦さんの仕事を見てきた若手デザイナーが
その情熱を受け継ぎ、今のブックデザインにも
影響を与えているのだと思います。(工作舎に限らず)
あの祖父江慎さんも、学生時代から工作舎で杉浦康平さんに師事していたようです。

 

デザイナーとしてのテクニックの勉強だけではく、
「あのデザイナーはどんな哲学をもっているのか?」ということにも目を向けて
自分自身を養っていくことが大切だと思いました。
それってデザイナーに限った話ではありませんよね。

 

杉浦康平さんの哲学とは?
私の文章力では伝え切れないので(笑)、本を読んでみてください!

 

文字の霊力 (杉浦康平 デザインの言葉) (工作舎)

C001

杉浦康平のデザイン (平凡社新書)

C002

 

工作舎物語 眠りたくなかった時代(左右社)

C003

↑工作舎にまつわる本も、おもしろいですよ〜

長くなりましたがお読みいただきありがとうございました★

The following two tabs change content below.

株式会社アンディーンノア

私達は、お客様のニーズをきちんと把握して 求められる提案をスピーディかつクリエイティブに御用意致します。 「お客様」「会社」「商品」の魅力や価値をクローズアップし 的確なデザインを作成し、目標が達成できるよう貢献致します!

最新記事 by 株式会社アンディーンノア (全て見る)

pagetop

Copyright © Undine Noah All Rights Reserved.