最新情報(スタッフブログ)

企業キャラクターの有無でどのような違いがあるのか

こんにちは、今日は太田が担当します。

先日大阪に住んでいながら初の天神祭に行ってきました!
たませんやかき氷など沢山食べて夜には大きな花火を見ました!

やっぱりお祭りは良いですね。
来年は浴衣着ていきたいと思います!

* * * * * * * * * * * * * * *

さて今日は前回にお話しました「現代に合わせた役割を持つ企業キャラクター」の続きで
「企業キャラクターの有無でどのような違いが出てくるのか」を私なりに検証してみましたのでご報告致します!

①【Company Character=カンキャラ】

私の調べが足らなかったのですが、企業キャラクターには呼び名がありまして「Company Character(カンパニーキャラクター)」を縮めて「カンキャラ」と呼ぶそうです。

実際にカンキャラをまとめた本も出版されていました↓
カンキャラ_本

このように図鑑として本にまとめる事が出来るほどカンキャラを持つ企業が多いという事が分かります。逆にカンキャラを持たない企業を探す方が難しいのでは?と思い探すのに少し苦戦しましたが1つ見つけました!

②カンキャラを持たない企業の特徴

【日本コカ・コーラ株式会社】

コカ・コーラってもうどの世代も知っている有名な商品ですが、固定されたキャラクターというものがありません。

コカコーラ_白クマ

この白クマのキャラクターは2013年の4月頃に自販機 ARが登場した時にできましたが、2年経った今ではどこにも登場していません。

また冬のクリスマスの時期になるとサンタクロースがコカコーラを持つ印象も強いと思います。

 このようにキャラクターが中心ではなく、商品自体がブランドになっている企業はキャラクターをあまり持たないということが分かりました。

実際にロゴと色だけでさまざまな商品展開をしているので、ここにキャラクターが存在すると展開の幅が狭くなるのかなとも思います。

コカコーラ_商品展開

③カンキャラを持つ企業の特徴

前回でご紹介しました【味の素株式会社】さんのアジパンダです。

ajipanda

商品の「うま味調味料 味の素」から出来たキャラクターで2005年に誕生しました。
アジパンダの顔入れた商品が全26種類あり、赤い色が特徴ですがたまに緑やゴールドなど限定商品も販売されています。

また味の素ストラップが販売され、出先で少し味が足りない時にサッと振る事が出来る様になっています。
ajipanda201108

アジパンダだけが独立して動いているのではなく、商品と一緒に展開をしているので味の素=アジパンダとなり子供から大人まで幅広く知ってもらえます。

 

④まとめ

カンキャラはその商品をどのような方をターゲットに親しんでもらいたいか、印象を優しく明るいものにしたいか、商品展開が広がらないなどの理由が無い限り無理に作る必要がないかなと感じました。
またカンキャラがないコカ・コーラさんのようにキャンペーンのコンセプトに合わせてキャラクターを作るのもよいと思います。

現在日本には様々なキャラクターが誕生していますが、それはすべて意味があって誕生しているんですね。
もしキャラクターを作成したい!などありましたら、当社もデザイン・企画はもちろんキャラクターデザインも致しますので是非アンディーンノアへお問い合わせください!

以上、あまり検証になっていないですがここまで!笑
太田でした〜

The following two tabs change content below.

株式会社アンディーンノア

私達は、お客様のニーズをきちんと把握して 求められる提案をスピーディかつクリエイティブに御用意致します。 「お客様」「会社」「商品」の魅力や価値をクローズアップし 的確なデザインを作成し、目標が達成できるよう貢献致します!

最新記事 by 株式会社アンディーンノア (全て見る)

pagetop

Copyright © Undine Noah All Rights Reserved.