最新情報(スタッフブログ)

非常時に心強いモノ発見

こんにちは 営業の宮川です。

9月に入り、だいぶ涼しくなったと感じますが、皆様はいかがでしょうか。

このたび、広島での災害をはじめ全国あちこちで起きたゲリラ豪雨による被害にあわれた方々に対し、お見舞い申し上げると同時に、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

毎年9月1日は、関東大震災が起こった日で、防災の日に定められ、多くの方々が、災害に対する思いも新たに、また、災害に対する日頃の準備を確認されたことだろうと思います。

 さて、災害が起こった時、大切な家族や親戚、友人などとお互いの無事を確認し合える手段の一つが、携帯電話です。携帯電話はご存じのとおり待ち受けだけでも電気を消費します。

また、最近では、多くの方が多くの電気を必要とするスマートフォンを使われています。

災害の度合いによっては、何日も避難生活を送ることもあります。

こんな時避難されている方々が、これらスマートフォン充電のため、コンセントから電気を取ろうとしても、コンセントの絶対数が足りません。

また、避難所によっては、しばらくの間、停電なんてことも想定されます。

これまからも、手回し発電機で充電できる機械なども販売されています。

しかし、これは、非常時に従来の携帯電話で数分会話ができる程度の充電が可能な機械だと認識しています。

今回、これとは違う充電器が紹介されていましたので、話題にしたいと思います。

古川電池から発表された 非常用マグネシウム空気電池 『マグボックス』という電池です。

マグボックス

特徴は

①水や海水を入れるだけで発電(汚い話ですが、尿でもOKだそうです。)

②スマートフォンなどUSB機器の充電に最適

③大容量!スマートフォンを最大30回充電

④USB タイプの出力端子を2個装備

⑤世界初の紙製容器でできたマグネシウム空気電池

⑥発電時に二酸化炭素や騒音を発生しない環境に優しい電池

⑦新開発のリセットスイッチにより確実なオンオフ動作が可能

このほかにも、最大で5日間発電できますし、大きさは233×226×226mm、重さは注水前で約1.6kgだそうで、使用後再充電はできず、使い捨てだそうです。

メーカーは、今年12月中旬ごろ地方自治体向けに発売予定をされているようです。

値段は1万円くらいだそうです。

個人として買って使うことはあまりないとは思いますが、いざというときには、とても心強いものだと思います。

まあ、これのお世話になるような非常事態には、なりたくありませんが・・・・

The following two tabs change content below.

株式会社アンディーンノア

私達は、お客様のニーズをきちんと把握して 求められる提案をスピーディかつクリエイティブに御用意致します。 「お客様」「会社」「商品」の魅力や価値をクローズアップし 的確なデザインを作成し、目標が達成できるよう貢献致します!

最新記事 by 株式会社アンディーンノア (全て見る)

pagetop

Copyright © Undine Noah All Rights Reserved.