最新情報(スタッフブログ)

全員脱出成功!!

こんにちは、総務の筒井です。

お盆が過ぎたころから、朝夕の空気が秋めいてきてる気がしませんか?
ここ数年、残暑の厳しさにフーフー言ってた気がするので、まだ油断はできませんが。

さて、先月からそれぞれが業務との兼ね合いを考慮しながら取得するようにしていた夏休みもそろそろ終わりを迎えた先週末、23日にこんなセミナーに行ってきました。

以前、社長自ら参加した際に面白かったという事、そしてなにより仕事にも活きてくるんじゃないかという事で、社員にも体験の機会を下さった、そんな流れで今回ほとんどの社員が参加してきました。

脱出ゲーム1 脱出ゲーム2

門外不出という事で、写真はこの2枚だけにしておきますが、会場内のあちこちに謎やヒントがありまして、それをこの日受付でランダムに渡されたアルファベットが同じ5~6人で構成されたチームで解いていきます。

ですので、殆どのチームが初対面同士です。
ゲーム開始前に少し自己紹介の時間はありましたが、ほんとに名前を言い合う程度。

 

あちこちで開催されている『脱出ゲーム』
今回企画されたのはこちら↓
 http://blackcats-cube.jimdo.com/

私は『Gチーム』、ここは6人。男女3:3。すでに脱出ゲームを体験してる方が2人いらっしゃたおかげか、謎解きのスピードが速くてついていけず・・・役に立ってない・・・何していいのか聞くこともままならない・・・途中大きなヒントを見つける事ができたのでホッとできたものの、そうじゃなかったらなんとなく「私って不要?」って気持ちで終わってた気がします。

制限時間が設定され、脱出までの早さも競う、このことから、体験済みの人が勝手に動いてしまって、段取りや役割分担など話す間もないまんまで、結局この最初の段階にもう少し話す時間が取れていたならもっとスムーズに脱出できたんじゃないのか、というのがゲーム終わってからチームで話した際の反省点でした。

とはいえ、我がチームは脱出一番乗り!!

これ、職場でも同じことが言えるなぁ、と思いました。
段取り組む、役割をハッキリさせる、こういうことをちゃんと共有することで「チーム力」が発揮できて、1+1=2じゃなく3にも5にも、となっていくような気がします。
そして、その方が楽しいです、きっと。

ゲーム終了後、同じチームになった方たちと名刺を交換したり、お仕事の話を聞いたり、なにかしら目標をもって一緒に動いたことで仲良くなるのも早かったかもしれません。
面白い体験ができました。参加する前は、知らない人ばかりの中でなにかするというのが実は気が重かったりもしてたんですが、こういう機会を作ってくださった社長に今となっては感謝、です。

あちこちでこういうイベントは開催されていると思いますので、参加してみられてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

株式会社アンディーンノア

私達は、お客様のニーズをきちんと把握して 求められる提案をスピーディかつクリエイティブに御用意致します。 「お客様」「会社」「商品」の魅力や価値をクローズアップし 的確なデザインを作成し、目標が達成できるよう貢献致します!

最新記事 by 株式会社アンディーンノア (全て見る)

pagetop

Copyright © Undine Noah All Rights Reserved.